カナダでも永住権をもらうための条件·プロセスはとても厳しく

カナダでは自分の価値観·習慣までを変える必要は全くありません

で、いつぞや離婚裁判で必要だったので、学校の出席日数を数える事があったのですが、数えてびっくり。その年はなんと、173日か出席日数がなかったのです!!その数えた年に、たまたまラジオを聞いていたところ、隣のオンタリオ州より11日も少ない!これでいいのか?、とか討論していました。100日違うならまだしも、たった11日でしょ?大して変わらないのに、何の討論?と唖然…先生のミーティングがあるからという理由ですが、わざわざ学校を休みにするか?しかも、たいして学校は変わりばえもしないのに、何話す?その年は173日でしたが、学校がある日数は2-3日プラス、マイナスがあっても毎年あまり変わらないようです。ケベックの公立小学校ですが、夏休みは日付位から日付位まで。土日が入るので、68日位。冬休みは大体日付位から日付くらいまで。帰国後仕事をしていく中で感じていますしかし実際には

ことは中学校からよく勉強していますが

でも土日が入るので、結局17日程度です。春休みは3月3-7日の間位ですが、やはり土日が入るので9日間位です。ちなみに春休みと言っても、まだまだマイナス気温で、まわりは雪や氷で覆われていますが。たいてい夏休みや冬休みに入る前後は、学校は1日中ではなくて11:30AMで終わります。それにしてもですよ。例えば、夏休みに入る2-3週間前は授業なんてろくになし、が多いのです。


フランス語が話せない人達が多いのです
フランス語が話せない人達が多いのです

日本人がここで生活し

こんなはずじゃなかった…すると、、インドは人口が多すぎて仕事がない。自分は内陸に住むため海もない。英語が話せるから仕事を求めて::に来たとっていた。また、早朝にダウンタウンに行く用事があり、タクシーを前日に予約した事があった。バンクーバーの大手タクシー「YELLOWCAB」はとても安心で便利であることが分かった。と、早速予約確認のメッセージが返信された。ここで初めてさらにタクシーが到着する前「近づいている」と到着後にメッセージが送られてきた。恐る恐るスマホで依頼する8留学エージェント「ちびかなだ」初めてづくしの私にとって、留学エージェントをどこにするかは重要だった。日本に事務所があるなしは問題ではない。現地に事務所があること、トラブルが生じた場合、即対応可能なこと。安いに越したことはない。その条件で、現地エージェントに絞り、ちびかなだをネット検索しメールしたのが始まりだ。ちびかなだのホームページ、フェイスブックからの情報、代表のミサさんとのメールのやり取りなどを繰り返し、依頼することとした。

英語を話していればいいんですよね

クラムチャウダーも有名だ。私は1泊2日の予定で、ホテルとクイックシャトル「バス」を事前に予約し、シアトルに入ったのが日付日曜日。日付月曜日がハッピー·ビクトリアデイでカナダの休日のため、多くの人が国境を超えてアメリカへ向かった。アメリカ国境での入国審査は、トランプ政権になり一層厳しさを増したともいわれる。私の乗ったバス1台が通過するのに、待ち時間を含めおよそ2時間を要した。19酒、タバコ、マリファナバンクーバーではタバコもお酒も19歳から。


そこでいきなり
そこでいきなり

フィリピソやラテン系の方が

煙草を購入するにはパスポートなどのIDが必要で、·箱10ドル以上する。法律も厳しく、う人は限られた外の喫煙所で吸っている。もし今タバコを吸っている人は、カナダを訪れる前にやめるという選択肢もある。健康志向でタバコを吸わない人が多い。室内で吸えるところは少なく、吸酒の販売は厳しく管理され、基本リカーショップでの販売になる·レストラン、PUB。BARなどで飲むことができるが、それ以外の公園、道、電車·バスの中などでの飲酒は禁止されていó。家族を愛する