カナダでは自分の価値観·習慣までを変える必要は全くありません

で、いつぞや離婚裁判で必要だったので、学校の出席日数を数える事があったのですが、数えてびっくり。その年はなんと、173日か出席日数がなかったのです!!その数えた年に、たまたまラジオを聞いていたところ、隣のオンタリオ州より11日も少ない!これでいいのか?、とか討論していました。100日違うならまだしも、たった11日でしょ?大して変わらないのに、何の討論?と唖然…先生のミーティングがあるからという理由ですが、わざわざ学校を休みにするか?しかも、たいして学校は変わりばえもしないのに、何話す?その年は173日でしたが、学校がある日数は2-3日プラス、マイナスがあっても毎年あまり変わらないようです。ケベックの公立小学校ですが、夏休みは日付位から日付位まで。土日が入るので、68日位。冬休みは大体日付位から日付くらいまで。帰国後仕事をしていく中で感じていますしかし実際には

ことは中学校からよく勉強していますが

でも土日が入るので、結局17日程度です。春休みは3月3-7日の間位ですが、やはり土日が入るので9日間位です。ちなみに春休みと言っても、まだまだマイナス気温で、まわりは雪や氷で覆われていますが。たいてい夏休みや冬休みに入る前後は、学校は1日中ではなくて11:30AMで終わります。それにしてもですよ。例えば、夏休みに入る2-3週間前は授業なんてろくになし、が多いのです。


フランス語が話せない人達が多いのです
フランス語が話せない人達が多いのです

日本人がここで生活し

こんなはずじゃなかった…すると、、インドは人口が多すぎて仕事がない。自分は内陸に住むため海もない。英語が話せるから仕事を求めて::に来たとっていた。また、早朝にダウンタウンに行く用事があり、タクシーを前日に予約した事があった。バンクーバーの大手タクシー「YELLOWCAB」はとても安心で便利であることが分かった。と、早速予約確認のメッセージが返信された。ここで初めてさらにタクシーが到着する前「近づいている」と到着後にメッセージが送られてきた。恐る恐るスマホで依頼する8留学エージェント「ちびかなだ」初めてづくしの私にとって、留学エージェントをどこにするかは重要だった。日本に事務所があるなしは問題ではない。現地に事務所があること、トラブルが生じた場合、即対応可能なこと。安いに越したことはない。その条件で、現地エージェントに絞り、ちびかなだをネット検索しメールしたのが始まりだ。ちびかなだのホームページ、フェイスブックからの情報、代表のミサさんとのメールのやり取りなどを繰り返し、依頼することとした。

英語を話していればいいんですよね

クラムチャウダーも有名だ。私は1泊2日の予定で、ホテルとクイックシャトル「バス」を事前に予約し、シアトルに入ったのが日付日曜日。日付月曜日がハッピー·ビクトリアデイでカナダの休日のため、多くの人が国境を超えてアメリカへ向かった。アメリカ国境での入国審査は、トランプ政権になり一層厳しさを増したともいわれる。私の乗ったバス1台が通過するのに、待ち時間を含めおよそ2時間を要した。19酒、タバコ、マリファナバンクーバーではタバコもお酒も19歳から。


そこでいきなり
そこでいきなり

フィリピソやラテン系の方が

煙草を購入するにはパスポートなどのIDが必要で、·箱10ドル以上する。法律も厳しく、う人は限られた外の喫煙所で吸っている。もし今タバコを吸っている人は、カナダを訪れる前にやめるという選択肢もある。健康志向でタバコを吸わない人が多い。室内で吸えるところは少なく、吸酒の販売は厳しく管理され、基本リカーショップでの販売になる·レストラン、PUB。BARなどで飲むことができるが、それ以外の公園、道、電車·バスの中などでの飲酒は禁止されていó。家族を愛する

または別のクラスで無料で英仏語を教えています

そしてもうひとつの問題はキャブレターの不調であるこれについてはおそらく、同様にグラバルなどの悪路で発生する埃などが原因なのだろうが、とにかくアイドリングは一定しないし稀に失火することさえある。目視ではわからないが、運転していると何となくガソリン臭もするつまり私は少なくてもデンプスターハイウェイに乗る前に、これらの問題をある程度は解決しておかなくてはならずそのためにはホワイトホースで少なくてもキャンプ場に滞在する必要があったのである幸い前述したようにノッチやラルフも探し物があったため、決めていた私たちはホワイトホースをヴァンダルーフ以来の宿泊地にホワイトホースまでの道中、珍しくラルフのたっての希望でワトソンレイクという町に寄ることになった、ラルフ。ワトソンレイクには一体何があるんだ?町に入ったところで私たちは一度バイクのエンジンを切り、煙草を巻きながらラルフに尋ねた、あああ。ここにはナンバープレートの森があるんだよ、、ナンバープレートの森?、、ああ……ほら、あそこ、私たちは煙草をくわえたまま、するとそこにはどういう訳か、ラルフの指差す方に目を向けた。無数のナンバープレートが壁に貼りつけられているではないか。この集団強制移動は太平洋戦争の開戦後

カナダでは年齢·性別·国籍などによって待遇が決まるということはありません

先ほどまではただの壁中には皿やステッカだとばかり思っていたそれは、よく見ると様々な国籍のナンバープレートで埋め尽くされていて、のようなナンバーとはかけ離れたものまであった。な、何なんだこれは?しかも何故にナンバープレート?私とノッチは瞬時に湧いた疑問を、、あ、ああこれは!、まだ拙いラルフの英語力を考慮してできるだけゆっくりと投げかけた。ラルフの説明を要約すると、随分昔にホームシックにかかった軍人が、こっそりと自分の故郷を指し示す標識を貼った本物の道標が紛れてのがきっかけとなり、その後多くの人間が自分の故郷までの道のりを記した標識を貼り始めた結果、しまったために町が貼りつけ専用の壁を用意した-という経緯がこの壁にはあるらしい。現在では1万を超えるナンバーや標識といった類いのものが貼りつけられているという。つまり貼るモノはもともと道標だったという訳か。


海外からの留学生で学費が違います
海外からの留学生で学費が違います

フランス語かつ分かりにくい

フランス人やフレンチ系がいたそうですそして奴隷制を逃れた黒人たちが大量にUS側から北上してカナダに入っている。·カナダは北海から始まったスペインから資金を得て、航海に出たコロンブスが辿り着いた大西洋の向こうにある新大陸。の探検家が、インドへの西進航路を求めて航海に出た。その発見は、ポルトガルだけではなく欧州各国に大きな刺激を与えた。フランス、スペイン、オランダからも多数しかし、新大陸を南側から越える航路はポルトガルに押さえられている。英語で答えるとフランス、スペイン、オランダの探検者たちは、仕方なく新大陸を北側から迂回する航路を求めた。北極海を抜けるルートである。残念ながら、この凍てつく北極海を横断出来た航海者は誰も出なかった。あまりにも過酷な航海だったのだ。この北回りルートが立て続けに失敗したことで、怖気づいた投資家たちは早々に手を引いてしまった。そのため探検家の命がけの挑戦も、急速に尻すぼみで潰えてしまった。それでも、大きな発見がつだけあった。北極海への大西洋からの入り口であるノヴァ·スコシア、ニューファンドランド辺りは、豊富なタラの漁場だったのだ。

英語ができる人は

俺とジェニーが結婚した時の引き出物なんだ。俺たちが作ったワインなんだぜ。ちょうど何本か余っているから持っていってくれよ、、おお、自家製ワインか。そいつは素晴らしい。あまり飲みすぎんなよ、、気をつけるさありがとう。早速野営地で飲ませてもらうよ、その手で握手私たちは各自1本ずつ、をして別れた。スチュワートとジェニーの顔写真がラベルになっているそのワインを受け取り、再び車上の人となった私たちはラルフのリーダーで旅を続ける。


フランス語の曲を流さなければならないという法律があります
フランス語の曲を流さなければならないという法律があります

癇に障って仕方なかったのだ

私はしばらくの間、スチュワートとの奇妙な出会いについて思いを巡らせていたが、この辺りから度々出現するようになった未舗装道路の振動が、やおら私を現実に引き戻した。その時、何かがボックスの中で音を立てた。ガチャン!111な、何だ?私は慌てて先頭を行くラルフにハンドサインで停止を求めると、愛機を静かに路肩に寄せた。急いでボックスを開けてみると、案の定今朝方スチュワートにもらったワインが無残にも割れていて、その中身がまるで血の海のようにボックスに溜まっていた。どうしたんだ?コータロー?バイクを停めて駆け寄ってきたノッチとラルフに、私はボックスの中の惨状を見せる。カナダ公用語から見えること